ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

エネルギー・電力設備

東京電力パワーグリッドとの風力発電導入拡大に向けた実証試験

風力発電の導入拡大に向けた実証試験

風力発電をさらに導入拡大するための取り組みとして、東京電力パワーグリッドと共同で、北海道と本州を結ぶ北本連系設備などを活用した実証試験について2017年度以降の開始に向け取り組みを進めています。
当社は、この実証試験で得た知見に基づき、北海道内の風力発電の導入拡大を目指していきます。

現状

北海道は風力資源が豊富な一方、風力発電は出力が安定しないことから北海道での接続可能量は36万kWが上限です。

風力発電をさらに導入するためには、出力変動に対応し発電出力を変化させる火力発電などの調整電源(調整力)が必要です。
当社では、緩やかに変化する大きな出力変動(長周期変動)に対応する調整力の確保が課題となっています。

実証試験

北本連系設備などの活用により、20万kW程度の風力発電を新たに導入します。

北本連系設備の活用

  • 当社は、新たに連系する風力発電の出力を30分単位で予測し、長周期変動に相当する電力を前日スポット市場に供出します(①)。
  • 市場に供出する電気(①)と、実需給断面の風力発電出力(②)との差分の調整に、北本連系設備を介して東京電力パワーグリッドから調達する調整力(③)を利用します。

風力発電出力制御技術の活用

  • 北本連系設備が作業などにより活用できない場合など、調整力が不足するときは、当社からの指令によって風力発電の出力を制御します。
  • 風力発電の出力抑制量を最小限にしつつ、これまでどおりの電力系統の安定を維持します。

実証試験で確認すること

  • 20万kW導入拡大による電力系統への影響
  • 既設地域間連系線の利用に与える影響
  • 風力発電の出力予測精度
  • 風力発電出力抑制技術の検証

など

風力発電の連系状況

風力発電の連系状況

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。